ひどいニキビの原因

ひどいニキビの改善方法

誰でも一度は悩んだことがあるのが、ニキビだと思います。
ただせさえ、ニキビが出来てしまっうと気になるものなのに、それが大量の膿のあるようなニキビなら本当に気分が落ち込んでしまうでしょう。

 

そもそもニキビとひと言で言ってもさまざまな種類があります。
まずは目立たない白ニキビから始まり、それが悪化して黒ニキビになり、さらに悪化すると赤ニキビになります。
そして赤ニキビがさらに悪化すると、化膿ニキビになります。膿のある化膿ニキビは、ニキビの種類の中でもとても酷い状態なのです。

 

一般的には、ニキビと言うと赤ニキビを連想する人が多いと思います。
赤ニキビは、私達の毛穴に常に存在しているアクネ桿菌という細菌が繁殖し、炎症している状態です。
アクネ桿菌は、ニキビ菌とも言われ、皮脂に毛穴が詰まったりすると、このアクネ桿菌が毛穴から余分な脂肪を追い出そうと増殖してしまいます。
そうなると、アクネ桿菌が出すレダクターゼ酵素の働きが強くなって、それが皮脂を腐られてしまい、毛穴が炎症してしまいます。

 

ニキビは、炎症を起こす頃から痛みを伴うようになります。
この赤ニキビを放置しておくと、炎症が肌の奥まで広がっていき、炎症が真皮層までいって重症化してしまったものを化膿ニキビといいます。
化膿ニキビは、膿をもってひどい状態になっています。
化膿ニキビの原因は、赤ニキビを放置しておいただけでなく、適切なニキビケアをしていなかったことが原因になります。
また、ニキビを潰してしまったことが原因で、化膿してしまうこともあります。
赤ニキビの炎症が肌奥までいってしまうと、ニキビ跡が残りやすくなりますが、さらに化膿ニキビは、高い確率でニキビ痕ができてしまいますので、覚悟をしましょう。

 

ニキビが出来た時は、早めに対処して、膿ができるまで放置しておかないようにすることが大切です。
もし化膿ニキビができてしまったら、自分で対処するのは難しいので、皮膚科にいって治療してもらいましょう。

 

皮膚科に行けば、炎症を抑える為に適切な処置をし、ビタミン剤や外用薬、抗生物質を処方してもらえます。
抗生物質は、細菌による抵抗力を弱めてしまうと言ったデメリットがありますが、ニキビがひどい時には効果的です。