白ニキビ 抗生物質

白いニキビについて

ニキビの治療で病院に行くと、ほとんどの場合が抗生物質を処方されます。

 

風邪のときに出される抗生物質は、悪い病原菌を殺してくれますが、
ニキビ治療で出される抗生物質は、ニキビの原因の一つであるアクネ菌の増殖を抑えて、さらに炎症も抑えてくれます。
他にも過剰に分泌する皮脂の抑制をする作用もあります。

 

このような抗生物質を使用すれば、効果的に早くニキビを治療することができますが、副作用もあります。
副作用の出方は人によって違いますが、めまいや下痢と言った症状がでるケースがあります。
また、抗生物質のような強い薬は、人によっては一度服用を止めてしまうと、すぐにまたニキビが出来てしまい、悪化してしまう危険があります。
抗生物質は、悪い細菌を殺してくれますが、悪い細菌が作られないようにしてくれるわけではありません。
ですから服薬を止めると、再び発生してしまう危険があるのです。

 

さらに長期的に抗生物質を服用した場合、耐性菌が発生してしまいます。
耐性菌とは、薬に対しての抵抗力を持つようになり、薬の効果が得られなくなるということです。
抗生物質の治療は、副作用の問題や、長期服用でも耐性菌の問題がありますので、きちんと医師の指示にしたがって行うことが大切です。

 

ニキビには、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビとありますが、抗生物質が処方されるのは、赤ニキビです。
抗生物質は、炎症をおこしたり、化膿したりしているにきびに使用するものなので、白にきびや黒にきびには使用しません。

 

白ニキビは、炎症を起こす前の初期段階のニキビで、毛穴がふさがってしまい、皮脂腺の中に余分な皮脂がある状態です。
スキンケアをしっかりして、毛穴を十分に開かせ、中の余分な皮脂をとってあげることが必要です。
白ニキビは、症状としては軽いので、丁寧なスキンケアをすることで改善できるでしょう。

 

抗生物質は、即効性があり、人によってはとても効果が得られるものなので、あまりにもニキビの症状がひどい時は、病院に行って処方してもらうといいですが、
デメリットも考え、できる限りは、きちんとしたスキンケアにより、ニキビのできにくい肌にしていくことが大切です。